モノ好き情報庫

本ブログは試したことを忘れないようメモ代わりに使っています。自己経験談のため書いてあることを試して何かあっても自己責任でお願いします。

MENU

ワッツの100円ウェットシートふた、貼るだけ簡単で繰り返し使える

この記事には広告を含む場合があり、記事内で紹介する商品を購入すると当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

例えば以下のようなものはアフィリエイト収入を得ています。

  • 広告リンクテキスト・広告バナー
  • 商品リンク(一部紹介リンクじゃないものもありますが基本的に紹介リンクだと思っていただいたほうが安心です。)
  • リンクテキストや画像リンクをコピーして、アドレス欄に貼り付けた時に「https://px.a8.net/」や「https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/」、などASPのURLが含まれるリンク
  • リンクに「affiliate」などのアフィリエイトリンク

など。

また、企業様より報酬を受け取っての記事の場合は、記事の冒頭に「マーケティング主体の名称」と「関係性の内容」、「PR」や「提供」を明記しておりますので安心してご覧いただけます。

問題のある表現がありましたら、お問い合わせまでご連絡ください。

ワッツの100円ウェットシートふた、貼るだけ簡単で繰り返し使える

手やスマートフォンの除菌やちょっとした所をサッとふくのに便利な携帯タイプのウェットシート。

今まではあまりお世話にならなかったのですが、このご時世やっぱり色々気になるもの。

去年からよくウェットシートを使うようになったのですが、ちょっとめんどくさいなと思っていたのが乾燥を防ぐフィルム。

いつも隙間が空いたりズレたりしてしっかりとまってくれないんですよ。

しかも使えば使うほどフィルムの粘着力が弱くなり、開きっぱなしで乾いてしまいただのシートになることもしばしば。

乾いたウェットシートって手を拭く用としては微妙だし、スマホやパソコン画面を吹いてもイマイチ汚れが落ちないんですよね。

こんな時に便利なのが百円グッズ。

今回は100円ショップワッツで購入した「WIPE LID mini」を紹介します。

WIPE LID mini(ウェットペーパーのふた ミニ)

WIPE LID miniはウェットシートの袋に貼るだけのウェットシート用のふた。

使い方はとても簡単

背面には粘着シートが付いているので、予め貼ってある保護フィルムを剥がし、

ウェットシートの袋に付いているフィルムを取れるまで引っ張ります。

後はWIPE LID miniを穴に合わせて貼るだけ、めちゃくちゃ簡単です。

これだけでウェットシートの乾燥を防いだり取り出しやすくなったりと使い勝手が向上します。

WIPE LID miniを閉じる時もパチンと言うまで押すだけ、フィルムのようにしっかり貼る必要はありません。

貼り直しOK、他社ウェットシートでも問題なく使える

WIPE LID miniを貼る時はウェットシートの袋のシワを伸ばす感じにするとしっかり貼れます

WIPE LID miniは繰り返し使えるタイプなので、ウェットシートが無くなったら新しいものに貼り替えることができますし、粘着力が弱まったら中性洗剤で軽く水洗いすれば復活するので長く使えます。

後、口のサイズが横幅が約5cm、縦幅が約2.8cmなので、それ以下の穴であれば他社のものでも使用できますよ。

WIPE LID miniでムダを無くし手軽さを手に入れよう

  • フィルムは開閉すると粘着力がどんどん弱くなりウェットシートが乾いてしまう
  • 挟んで取り付けるタイプは装着するのがめんどくさい

そんな方にWIPE LID miniのような貼るだけのウェットティッシュのふたがおすすめです。