モノ好き情報庫

本ブログは試したことを忘れないようメモ代わりに使っています。自己経験談のため書いてあることを試して何かあっても自己責任でお願いします。

MENU

ペルチェ素子式とコンプレッサー式ミニ冷蔵庫のそれぞれの特徴とメリット・デメリット

この記事には広告を含む場合があり、記事内で紹介する商品を購入すると当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

例えば以下のようなものはアフィリエイト収入を得ています。

  • 広告リンクテキスト・広告バナー
  • 商品リンク(一部紹介リンクじゃないものもありますが基本的に紹介リンクだと思っていただいたほうが安心です。)
  • リンクテキストや画像リンクをコピーして、アドレス欄に貼り付けた時に「https://px.a8.net/」や「https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/」、などASPのURLが含まれるリンク
  • リンクに「affiliate」などのアフィリエイトリンク

など。

また、企業様より報酬を受け取っての記事の場合は、記事の冒頭に「マーケティング主体の名称」と「関係性の内容」、「PR」や「提供」を明記しておりますので安心してご覧いただけます。

問題のある表現がありましたら、お問い合わせまでご連絡ください。

こんにちはこんばんは、YouTubeチャンネル「夢野千春」で動画を投稿している夢野千春です。

最近アウトドアやキャンプなどのレジャーシーンで飲み物や食べ物を冷やしたり、一人暮らしや単身赴任などの自宅で飲み物や食材を保管したりするために注目されているミニ冷蔵庫。

ミニ冷蔵庫には、ペルチェ素子式とコンプレッサー式の2種類の冷却方式があるのですが、具体的に何がどう異なるのか、それぞれの特徴とメリット・デメリットをご紹介します。

本記事はAI(Google Bard+ChatGPT)が執筆し、夢野千春が添削を行っています。

ペルチェ素子式とコンプレッサー式ミニ冷蔵庫の特徴とメリット・デメリット

ペルチェ素子式

魅力なところ

  • 静音性が高い
  • 振動が少ない
  • コンパクトで軽量
  • 価格が安い
  • 保温・保冷両方に対応しているものもある

気になったこと

  • 冷却能力が低い
  • 消費電力が大きい
  • 霜取りしないと周囲が水浸しになる
  • 寿命が短い
  • リサイクル料金が高い(5,200円になる可能性が高い)

ペルチェ素子式のミニ冷蔵庫は、電気抵抗の変化を利用して熱を移動させるペルチェ素子を使って冷却します。コンプレッサー式と比べて静音性に優れており、振動も少ないため、車載用としても最適、保冷・保温両方に対応した製品もあります。また、コンプレッサー式と比べて価格が安いこともメリットです。

しかし、ペルチェ素子型のミニ冷蔵庫は、冷却能力がコンプレッサー式に比べて低いため、長時間使用すると庫内が温かくなることがあります。また、冷却能力が低い故に長時間連続動作する必要があるため、電気代もコンプレッサー式に比べて割高です。また、価格の割にリサイクル料金が高価な所もペルチェ素子型ミニ冷蔵庫のデメリットです。

後、Amazonなどのレビューを見ると「床が水浸しになる」「数ヶ月・数年で壊れる」という評判が多く見受けられるため、室内で利用する場合は、ビニールシートやトレイを用意して様子をみるなど、水漏れ対策されることをおすすめします。

ペルチェ素子とは?(by ChatGPT)

ペルチェ素子(Peltier device)は、熱電効果を利用して温度を制御するために使用される電子デバイスです。正確には、ペルチェ効果(Peltier effect)と呼ばれる現象を応用したデバイスです。

ペルチェ効果は、1834年にフランスの物理学者ジャン=シャルル・アサベル・ペルチェ(Jean-Charles Athanase Peltier)によって発見されました。この効果は、2つの異なる導体が接触している場合に、電流を流すことで熱エネルギーが放出または吸収される現象です。

一般的なペルチェ素子は、セラミック製のプレートや薄膜で構成されています。これらのプレートには、電流を通すための複数の導体が配置されており、それぞれが熱を伝導する役割を果たします。一方のプレートに電流を流すと、そのプレートは冷却され、もう一方のプレートは加熱されます。このように、電流の流れによって熱の移動が起こります。

ペルチェ素子は、冷蔵庫や冷却装置などの熱制御アプリケーションで使用されます。電流の極性を変えることで冷却または加熱を制御することができ、狭い空間や小型の装置に適しています。しかし、効率が低く大容量の冷却には向いていないため、一般的に小型の冷却装置に利用されることが多いです。

コンプレッサー式

魅力なところ

  • 冷却能力が高い
  • 消費電力が低い
  • 霜取り不要

気になったこと

  • 音が大きい
  • 振動が大きい
  • 大型で重い
  • 価格が高い

コンプレッサー式のミニ冷蔵庫は、コンプレッサーを使って冷やす仕組みです。ペルチェ素子型に比べて冷却能力が高く、外部温度に左右されにくく、食材などを長時間冷たい状態に保つことができます。また、冷却能力の高さから長時間の連続運転が不要で、電気代もペルチェ素子型に比べて安価です。

しかし、コンプレッサー式のミニ冷蔵庫は、コンプレッサーや冷媒を収納するスペースと頑丈な構造が必要なため、ペルチェ素子型に比べて大きくて重く、音も大きいのが特徴です。また、価格もペルチェ素子型に比べて高価になってしまいます。

ペルチェ素子型とコンプレッサー式ミニ冷蔵庫の選び方

ペルチェ素子型とコンプレッサー式のミニ冷蔵庫のどちらを選ぶかは、用途や好みによって異なります。アウトドアや車中泊など、屋外で使うことが多い場合は、ペルチェ素子型のミニ冷蔵庫がおすすめです。価格や静音性にこだわる場合も、ペルチェ素子型のミニ冷蔵庫がよいでしょう。

一方、冷却能力や電気代を重視する場合は、コンプレッサー式のミニ冷蔵庫がおすすめです。また、自宅で使う場合は、コンプレッサー式のミニ冷蔵庫の方が使い勝手がよいでしょう。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを把握して自分の用途に合わせて、最適なタイプを選ぶことをオススメします。