モノ好き情報庫

本ブログは試したことを忘れないようメモ代わりに使っています。自己経験談のため書いてあることを試して何かあっても自己責任でお願いします。

MENU

パソコンの電源の規格っていくつあるの?スリムタワーの電源はどれなのか調べてみた

この記事には広告を含む場合があり、記事内で紹介する商品を購入すると当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

例えば以下のようなものはアフィリエイト収入を得ています。

  • 広告リンクテキスト・広告バナー
  • 商品リンク(一部紹介リンクじゃないものもありますが基本的に紹介リンクだと思っていただいたほうが安心です。)
  • リンクテキストや画像リンクをコピーして、アドレス欄に貼り付けた時に「https://px.a8.net/」や「https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/」、などASPのURLが含まれるリンク
  • リンクに「affiliate」などのアフィリエイトリンク

など。

また、企業様より報酬を受け取っての記事の場合は、記事の冒頭に「マーケティング主体の名称」と「関係性の内容」、「PR」や「提供」を明記しておりますので安心してご覧いただけます。

問題のある表現がありましたら、お問い合わせまでご連絡ください。

こんにちはこんばんは、YouTubeチャンネル「夢野千春」で動画を投稿している夢野千春です。

以前に小型パソコンを組んだら電源足りなくて電源の容量が小さいとどうなるのかAIに聞いてみた記事を書いたのですが、その時に「スリムタワーの電源ってATX規格のサイズじゃないよなぁ・・・だとしたらSFXかな」と思ってAmazonで500WくらいのSFX電源を探していたんですが、何か僕のパソコンについているのとSFX電源と形状が違うんですよね。

▲これがSFX電源。ATX電源と似たような感じで少し小さくなった電源です。ATX電源より種類が少なかったり、電源容量が大きくなるとATX電源より高額になりがちです。最初これ買えば良いのかなと思ってたんですが、僕のスリムタワーパソコンに入りそうにないんですよ。

▲僕のパソコンの電源はこんな感じ。なんかSFX電源よりも明らかに小さい気がするんですよね。

▲ちなみにスリムタワーより一回り小さいミニタワーの電源もなんか違うんですよね。

パソコンの電源って何種類あるんだ・・・

ということで今回もAIチャットに聞いてみることにしました。

本記事はAI(Google Bard)が執筆し、夢野千春が添削を行っています。

パソコンの電源の規格はこれだけある

パソコンの電源はATXやSFX以外にもこれだけの規格があります。

ATX

ATX電源は、最も一般的な電源規格です。ATX電源は、サイズが大きく、電源容量も大きいため、高性能なパソコンに適しています。サイズは幅150×奥行き140×高さ86mm。

SFX

SFX電源は、ATX電源よりも小型の電源規格です。SFX電源は、小型のパソコンに適しています。サイズは幅125×奥行き100×高さ63mm。

TFX

TFX電源は、SFX電源よりもさらに小型の電源規格です。TFX電源は、超小型のパソコンに適しています。サイズは幅85×奥行き175×高さ65mm。

恐らく僕のスリムタワーの電源はTFXっぽい感じがします。

BTX

BTX電源は、ATX電源の代替規格として提唱された電源規格です。BTX電源は、ATX電源よりも効率的で、静音性に優れていますが、市場で流通しているパソコンは少ないため、あまり一般的ではありません。サイズは幅150×奥行き150×高さ86mm。

まとめ

スリムタワーパソコンの電源は恐らくTFX規格のものが使われていると思いますが、もう一つのミニタワーパソコンに搭載している電源の規格はわかりませんでした。調べてみたら、昔は色んなサイズの電源があったようで、もし電源が壊れたら入手困難でそのケースが使用不能になることもあったようです。

パソコンを組む時は、電源も含めて規格に基づいたものを使ったほうが無難そうですね。