モノ好き情報庫

本ブログは試したことを忘れないようメモ代わりに使っています。自己経験談のため書いてあることを試して何かあっても自己責任でお願いします。

MENU

【不具合報告】Photoshop v25.4にアップデートするとクラッシュやブラシツールのパフォーマンス低下

この記事には広告を含む場合があり、記事内で紹介する商品を購入すると当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

例えば以下のようなものはアフィリエイト収入を得ています。

  • 広告リンクテキスト・広告バナー
  • 商品リンク(一部紹介リンクじゃないものもありますが基本的に紹介リンクだと思っていただいたほうが安心です。)
  • リンクテキストや画像リンクをコピーして、アドレス欄に貼り付けた時に「https://px.a8.net/」や「https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/」、などASPのURLが含まれるリンク
  • リンクに「affiliate」などのアフィリエイトリンク

など。

また、企業様より報酬を受け取っての記事の場合は、記事の冒頭に「マーケティング主体の名称」と「関係性の内容」、「PR」や「提供」を明記しておりますので安心してご覧いただけます。

問題のある表現がありましたら、お問い合わせまでご連絡ください。

Photoshop v25.4の気になる不具合を下記にまとめました。

なお、不具合を確認しているPCの環境は以下の通り

・APU:AMD Ryzen5 2500U

・メモリ:32GB

Photoshop v25.4で確認している不具合

全体的にパフォーマンスの低下(もっさり動作)

何がどう重いのか伝えずらいのですが、何となく動作にもたつきを感じます。

ブラシツールのリアルタイム描写困難

ブラシツールや消しゴムツール・選択範囲ツールなどを使うと線がリアルタイムで描写されず遅延またはドラッグ解除後に描写されるようになってしまい使いづらくなりました。

GPU合成を無効化した状態でブラシツールを使うとPhotoshopがクラッシュ

設定>パフォーマンス>グラフィックプロセッサーの設定の「詳細設定」でGPU合成を無効化した状態でブラシツールなどを使うとPhotoshopがクラッシュ(強制終了)する

まとめ:ダウングレード推奨

再インストールすることで改善されたと思いきや再び上記の症状が発生したため、Creative Cloudで旧バージョン(v25.2)にダウングレード。今のところ上記の症状はv25.2では発生していません。