モノ好き情報庫

本ブログは試したことを忘れないようメモ代わりに使っています。自己経験談のため書いてあることを試して何かあっても自己責任でお願いします。

MENU

千円以下で買えるPSP用MicroSD→メモリースティックPRO Duo変換アダプターが神コスパだった+注意点も

この記事には広告を含む場合があり、記事内で紹介する商品を購入すると当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

例えば以下のようなものはアフィリエイト収入を得ています。

  • 広告リンクテキスト・広告バナー
  • 商品リンク(一部紹介リンクじゃないものもありますが基本的に紹介リンクだと思っていただいたほうが安心です。)
  • リンクテキストや画像リンクをコピーして、アドレス欄に貼り付けた時に「https://px.a8.net/」や「https://ck.jp.ap.valuecommerce.com/」、などASPのURLが含まれるリンク
  • リンクに「affiliate」などのアフィリエイトリンク

など。

また、企業様より報酬を受け取っての記事の場合は、記事の冒頭に「マーケティング主体の名称」と「関係性の内容」、「PR」や「提供」を明記しておりますので安心してご覧いただけます。

問題のある表現がありましたら、お問い合わせまでご連絡ください。

千円以下で買えるPSP用MicroSD→メモリースティックPRO Duo変換アダプターが神コスパだった+注意点も

こんにちはこんばんは、YouTubeチャンネル「夢野千春」で動画を投稿している夢野千春です。

令和時代にPSPを引っ張り出しては昔のゲームを懐かしんでいるのですが、最近UMDドライブの調子が悪く、読み込みに時間が掛かったり失敗したりしてまともにプレイできなくなってしまいました。

一部のゲームはダウンロードコンテンツとしてメモリースティックPRO Duo(以下メモリーカード)に入れているのですが、僕が所有しているメモリーカードでは1枚に入るゲームが1,2本程度とどれも容量が少ないんですよね。といってもUMDを抜き差しするよりかはマシなんですが・・・。

でもメモリーカードを差し替えるのも面倒・・・。

メモリーカード自体は今でもAmazonで入手できますが、MS-MT2Gなら3,150円(執筆時)、MS-HX32Bなら13,127円(執筆時)と結構良いお値段するんですよね。

MicroSDカードなら32GBで千円前後1TBで1万円ちょいなのに・・・。

流石に数本のゲームのために何千円何万円もかけられないのでもっと安くていい方法は無いか探してみたところ、「Iesooy PSP用メモリースティックアダプター」とやらをAmazonで発見。

どんな感じかチェックしていきます。

Iesooy PSP用メモリースティックアダプター

「Iesooy PSP用メモリースティックアダプター」は、MicroSDカードをメモリースティックPRO Duoとして使うことができる変換アダプター。お値段は699円。

販売元は「iesooy」、出荷元はAmazon。

あたかも「Iesooy」というとこの製品かと思いきや、Amazonで調べてみたらどうも他社も同じ製品を販売している様。しかも「SELECT-A」だと420円と「Iesooy」よりも安価、プライムじゃなければ更に安く購入することが可能。

僕が撮影した「Iesooy PSP用メモリースティックアダプター」と「SELECT-A メモリースティック PRO Duo 変換アダプタ」の商品ページをみてみると型番が同じなのでどちらも同じ製品だということが分かります。

ただし、「SELECT-A」の方はMagicGate非対応、PSPのファームウェア バージョン6,0以降の場合、フォーマットができず、そのままでは使えないと書かれているので全く一緒というわけではないかもしれません

※Iesooyの方はPSPシステムソフトウェア バージョン6.61でフォーマットできることを確認しています。(パソコンによってはFAT32でフォーマットできない場合があるため、PSPでフォーマットすることをおすすめします。)

レビュー見てみると「SELECT-A」でもPSPで使えてそうな感じなんですけどね・・・。

安価変換アダプターでもPSPで問題なく使えるのか?

それでは本題。「安価なメモリーカードでもPSPでゲームプレイ可能なのか」についてですが、一部不具合は生じるがとりあえずプレイは可能

ゲームは今のところフリーズすることなくプレイできるのですが、PlayStation Storeでゲームをダウンロードしようとしたら起動直後にPSPがフリーズして再起動することがありました。使ってるMicroSDカードが原因だと思っていましたが、他のカードでも同様な症状が発生したため、変換アダプターが原因だと考えられます。

その場合は、一旦SONY純正品や正規品カードを挿してPlayStation Storeを起動から変換アダプターを挿すことでダウンロードすることができます。

ちなみにMicroSDカードの対応容量は32GBまでと勝手に思っていたのですが、64GB(UHS-1 microSDXCカード)もすんなりと認識しゲームプレイできました。

音楽や動画再生も問題なく行えました。

データ移行方法

メモリーカードに入っているゲームをUSB Mini-B to Aケーブルでパソコン(ここではWindowsパソコン)とPSPを繋ぎ、PSPのメニューで「USB接続」を選択。するとパソコンがPSPをUSBメモリとして認識するので、メモリーカードの中にあるものをMicroSDカード(要FAT32にフォーマット)に丸ごとコピペ。

複数カードがある場合、2枚目以降はゲームやセーブデータ、ライセンスフォルダをコピペすれば追加で入れることができます。

後は、MicroSDカードをメモリーカード変換アダプタに挿してPSPのカードスロットに挿すだけ。

これで準備完了、難しい操作や別途専用ソフトは不要です。

実演動画

youtu.be

本当に使えるのか心配な方向けに簡単な実演動画をご用意。

全てのゲームでプレイできるのか不明ですが、とりあえず手持ちのゲームはセーブデータも引き続いたままプレイすることができました。

まとめ

動作に癖はあるものの、安価メモリースティックPRO Duo変換アダプター+数百円で買えるMicroSDカードの組み合わせでまともにゲームが遊べたのには感動モノでした。

今のところ10時間以上ゲームプレイしてもフリーズや強制終了などの不具合や認識不良はなし、安定そのものです。

ただ、Amazonレビューをみてみると動作しないといった評価もあったため、非正規品と価格なりの問題は多少あることは念頭に入れておいたほうが良さそうです。後、耐久性がどれくらいあるのか気になるものですね。

とりあえず安く大容量化できて良かったです。

monosuki-tech.hateblo.jp