モノ好き情報庫

本ブログは試したことを忘れないようメモ代わりに使っています。自分用なので書いてあることを試して何かあっても自己責任でお願いします。

MENU

【楽天RSL】BOSSで誤った入荷を14時過ぎてもキャンセルしたい時の流れ

あくまでも個人体験談ですので、具体的なやり方についてはハングリード株式会社様かRSL担当者様にお問い合わせされるといいかと思います。

▼ハングリード株式会社様:入荷キャンセル方法www.hunglead.com

RSL(楽天スーパーロジスティクス)のネットショップ一元管理システムに「BOSS」を利用した場合、入荷のところで楽天倉庫に預ける処理を行うのですが、翌日に入荷の際、前日の14時までに入荷手続きを行う必要があります。

もし誤って入荷手続きを行ってしまった場合、入荷前日14時前であればBOSS上でSKU毎にキャンセル処理を行うことができます。

その際、キャンセル処理はRSLの倉庫担当が行うため、処理に多少時間は掛かりますが、しばらく(数時間かかる場合がある)するとステータスの所が「キャンセル」になります。

もし、入荷前日14時以降にキャンセル処理をする場合、BOSS上で入荷キャンセルが行えないため、その場合、楽天RMSの「物流支援サービス(RSLサポートツール)」で入荷キャンセル依頼を行う必要があります。

 

例(担当者に伝われば何でもいいと思う):

  • 種別:問い合わせ
  • フェーズ:入荷
  • 内容:その他問い合わせ(入荷)
  • 件名:入荷予定番号+キャンセルしたい旨を簡単に書く
  • 詳細:キャンセルしたい理由を具体的に書く

どう対応するかはRSL担当者次第ですが、放置するとペナルティが加算される場合もありそうなので、早めに連絡されることをオススメします。

Excel 365、メモの塗りつぶし効果で図の選択を選ぶと「Bad Request」エラーで画像指定できない

メモに画像を貼ろうと「コメントの書式設定」>「色と線」>「塗りつぶし:色」>「塗りつぶし効果」>「図」で「図の選択」をクリックすると「Bad Request - Request Too Long」エラーが発生。

僕の場合、以下の手順で解決した。

ネットワーク設定を変更します。

 

コンピューターのネットワーク接続を変更して、モバイルホットスポットに切り替えることができます

 

[windows + R]をタップし、「inetcpl.cpl」と入力して[インターネットオプション]を開きます。

上部メニューバーの「接続」をクリックし、「LAN設定」をクリックし、「自動検出設定」にチェックを入れ、残りの2つがチェックされていないことを確認して、「OK」をクリックします。

上部メニューバーの右側にある「詳細設定」をクリックし、スライダーをプルダウンして「詳細設定の復元」にチェックを入れ、右下隅の「適用」をクリックしてから、「OK」をクリックします。

 

引用元:

https://answers.microsoft.com/ja-jp/msoffice/forum/all/%E7%AA%81%E7%84%B6%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%BB/467bf9af-64e6-47dd-a61d-c3fbd60ae4b5

エラーがなくなると上記のような画面が表示される。

 

この症状、以前にWindows11でプリンタの共有設定を行って(結局できなかった)から発生している。関係あるのかは不明だが、下手にレジストリをいじるべきではなかった。

他に問題が起きてないか心配だがその都度解決していこうと思う。

Amazon商品紹介コンテンツエラー「商品紹介コンテンツにアクセスできないモジュールが含まれています」

Amazonセラーセントラルで商品紹介コンテンツを更新しようとした際に

Requested from: [/aplus/api/SaveContent]. Recieved status: [400] with message: [APLUS_VALOO_ERROR_INVALID_MODULE_ACCESS_ERROR]. 商品紹介コンテンツにアクセスできないモジュールが含まれています:[ヘッダー 300 画像テキスト]。

という上記のエラーが表示され更新されない問題が発生。

原因はコンテンツモジュールの仕様変更によるエラー。

今回の場合、「Header 300 Image Text」モジュールを同等のモジュール「標準的な単一の左の画像」に変更することで解決しました。

 

Windows11 23H2でプリンタ共有実質不可、0x00000709で改善できない

実質不可という表現をしてるのは出来る場合もあるからです。

でもそれらはレジストリを弄ったりグループポリシー弄ったりとパソコンの動作やセキュリティ問題があるやり方ばかり。

最悪Windowsが動かなくなることも・・・。

とにかくWindowsでプリンタ共有はもうできなくなっています。

やるならプリンタサーバーやプリンタをUSB接続できネットワークプリンタとして使えるWi-Fiルーターを導入されることをお勧めします。

 

▼エラー内容

「操作を完了できませんでした (エラー 0x00000709)。プリンター名を再度チェックして、プリンターがネットワークに接続されていることを確認してください」

 

▼とりまできなかったけど参考になった動画とかサイト

https://youtu.be/WprQfyWFgFI?si=ikAiKTPY0jlswt6F

https://zeropasoakita.livedoor.blog/archives/42018563.html

https://sakuraxren.blog.fc2.com/blog-entry-1555.html

 

▼他のより解決しそうだけどやっぱりレジストリやコマンド操作が必要で試してない参考記事

https://learn.microsoft.com/en-us/troubleshoot/windows-client/printing/windows-11-rpc-connection-updates-for-print

Amazonセラーセントラル:画像や商品情報が反映されない問題が発生

2024年3月22日頃からAmazonセラーセントラルで商品の更新を行っても画像や商品情報が反映されない問題が発生。

商品情報を更新し、24時間待ってもその問題は改善されず、サポートにて改善策を問い合わせ中。

尚、全ての商品ではなく同じ設定をしていても問題なく反映される商品もあり、ブラウザ(Cookieやキャッシュなど)やパソコン環境の問題ではないと考えられる。

sellercentral.amazon.co.jp

本件と同等の不具合がフォーラムに投稿されていることを踏まえるとAmazonシステム上でのエラーではないかと思われる。

ブランド登録による問題だった模様

Amazonテクニカルサポートからの返信

出品者様が登録されている商品画像のご確認または更新は、下記のページよりご確認いただけます: 画像管理ページ https://sellercentral.amazon.co.jp/imaging/manage ご希望の画像が表示されてない場合、上記ページで更新いただきますようお願い致します。 また、ご報告のASINはいずれもブランド登録済みの商品で、出品者様のアカウントが該当ブランドの所有者として登録されていると判明いたしました。 大変恐れ入りますが、セキュリティ対策としてテクニカルサポートではブランド登録の詳細内容について確認できかねますのため、 ブランド登録済みの商品についてご自身で変更できない場合ははお手数をおかけしますが、ブランド登録アカウントより担当部署までご相談いただきますようお願い申し上げます。

とりあえず、送られてきた画像管理ページのURL上で画像を更新してみて、それでも状況が変わらないようであればブランド登録担当部署に問い合わせてみるつもりです。

追記:

画像が更新されない件は、画像管理ページを利用することで解決しました。

AIボイスを使って顔出し・声出ししなくてもライブ配信できるかやってみた

普段は顔出しせずVの姿か適当に物を映して配信しているのですが、果たして「声すら出せない環境でもライブ配信ができるのか」

ちょっと試したくなったので、やってみたことをここにまとめます。

配信で使ったもの

  • OBS Studio
  • わんコメ
  • VOICEBOX
  • ゆかコネNEO
  • vTool
  • foober2000

それぞれどのように使ったのかは以下の通り

OBS Studio

obsproject.com

パソコンでハイクオリティライブ配信を行うのに必需品。

わんコメ

onecomme.com

配信画面にコメントを表示させたり読み上げたりするのに便利なツール。コメントが流れるだけで配信画面が賑やかになります。

VOICEBOX

voicevox.hiroshiba.jp

無料AIボイスといえばこれ。自分が喋ったことを変換するのに使いました。結構重たいので第12世代 Intel Core i5くらいのCPU、RTX3080くらいのGPUはほしいかも。今回みたいにゆかコネNEOと連携して使う場合以外は、もっとスペック低くてもそこそこ動きます。

ゆかコネNEO

booth.pm

わんコメなどコメント表示アプリとVOICEBOXなどAIボイスアプリとの連携により、リアルタイムで字幕を表示しつつ読み上げることが可能。

音声認識機能付きで、マイクで喋ったことをAIボイスや字幕表示させることもできる画期的なソフト。

vTool

booth.pm

低スペPCでもVの姿になりたい方必見。4枚ほど画像を用意するだけで声に応じてキャラクターが口パクしてくれます。

foober2000

www.foobar2000.org

BGM鳴らす用。音にフェード効果(ふわぁっと徐々に音が消えたり鳴ったりすること)をかけつつ停止したり次の曲鳴らすのに便利です。

YouTubeアプリ、ライブのチャットリプライは配信アカウントでは確認できない仕様

本日セカンドチャンネル(YouTube)のライブ配信時に話題になったことですが、どうやらYouTubeアプリでライブアーカイブのチャットのリプライが配信側のアカウントでは表示されないとのこと。

※チャットのリプライは再生画面のコメントのところを右へシュッとすると表示されます。

ちなみにPCでは問題なくチャットのリプライ表示されます。

 

アプリ側でも同チャンネルでリプライ表示できたらいいんですけどね;

後、YouTubeアプリでライブ配信するとリプライの有効無効の項目が無いことにも気になったので、パソコン版(ブラウザ版)と統一されると迷うこともないんですが。

Cakewalk、TTS-1のサポート終了で最新版ではバンドルされず。

無料で使えて高性能なDAWソフト「Cakewalk」。
ちょっとしたピアノの練習用に使っていたのですが、普段使っているパソコンとは別のパソコンにインストールしたところ、主にピアノ演奏用に使っていたVSTプラグイン「TTS-1」がインストールされていないことが判明。

原因を調べたところ、こういうことだったという。

「ローランドからの要請により、TTS-1 シンセサイザーは Cakewalk によってインストールされなくなりました。この製品はサポートが終了し、サポートが終了しました。インストールされている古いバージョンは引き続き動作する可能性がありますが、挿入インストゥルメントのデフォルトではなくなりました。」

discuss.cakewalk.com

現バージョンではTTS-1の代わりに「SI-Electric」というVSTプラグインが搭載されているのですが、生音源ではなく電子的な音源が多いため、ピアノ演奏用としては正直微妙。

仕方なく代わりの無料ピアノVSTプラグインをさがしてみたところ「LABS FREE AUTOGRAPH GRAND」が結構使い勝手良かったです。

labs.spitfireaudio.com

LABSを利用するためには無料の会員登録が必要です。

 

youtu.be

無料有料とあるのですが、無料版でもシンプルな操作性とUIで使いやすく、ピアノ音源としては十分。

他のプラグインとの組み合わせで好みの音にすることもできます。

てか、そもそもCakewalk自体が有料化するみたいな話が出ているので、他のフリーで使えるDAWソフトを探さないといけないかもしれない・・・。

さてどうしたものか。

スマホでHDMI録画するのに便利な「USB Camera」 ver10.9.8で念願の音量調整機能追加

monosuki-tech.hateblo.jp

当ブログではアクセス数の多いスマホでSwitchの録画方法の記事。

その記事で紹介しているUSB CameraというHDMIキャプチャボードをスマホで使えるようにするアプリが今年3月5日にVer10.9.8をリリース。

いくつか追加機能がある中で僕はキャプチャボードの音声とスマホのマイク音量調節機能が追加されたのに惹かれました。


【アップデート内容】

  • オーディオミキサーのパフォーマンス向上
    ※USBオーディオと内蔵マイクのミキシング音量を自由に変更可能
  • USB オーディオドライバーが PCM8 フォーマットをサポート
  • EasyCap (STK1160/EM2860 チップセット) デバイスを UVC デバイスのオーディオ ソースとして使用可能
  • 複数の外部USBサウンドカードを接続する場合、サウンドカードを自由に変更することが可能
  • 「優先外部 USB オーディオ」オプションが EasyCap デバイスで機能するように対応
  • Wi-Fiホットスポット使用時に一部のデバイスでIPアドレスがエラーを表示する場合がある問題を修正

なお、最新版USB Cameraを使用するにはAndroidのバージョンが11以降である必要があります。(11以前の場合は旧バージョンのUSB Cameraが適用されます)

play.google.com

スマホでHDMI録画するのに便利な「USB Camera」 ver10.9.8で念願の音量調整機能追加

monosuki-tech.hateblo.jp

当ブログではアクセス数の多いスマホでSwitchの録画方法の記事。

その記事で紹介しているUSB CameraというHDMIキャプチャボードをスマホで使えるようにするアプリが今年3月5日にVer10.9.8をリリース。

いくつか追加機能がある中で僕はキャプチャボードの音声とスマホのマイク音量調節機能が追加されたのに惹かれました。


【アップデート内容】

  • オーディオミキサーのパフォーマンス向上
    ※USBオーディオと内蔵マイクのミキシング音量を自由に変更可能
  • USB オーディオドライバーが PCM8 フォーマットをサポート
  • EasyCap (STK1160/EM2860 チップセット) デバイスを UVC デバイスのオーディオ ソースとして使用可能
  • 複数の外部USBサウンドカードを接続する場合、サウンドカードを自由に変更することが可能
  • 「優先外部 USB オーディオ」オプションが EasyCap デバイスで機能するように対応
  • Wi-Fiホットスポット使用時に一部のデバイスでIPアドレスがエラーを表示する場合がある問題を修正

なお、最新版USB Cameraを使用するにはAndroidのバージョンが11以降である必要があります。(11以前の場合は旧バージョンのUSB Cameraが適用されます)